会津若松市

  1. aizuwakamatsu - city

渋川問屋「祭り御膳」。伝統食材を丁寧に仕上げた「会津料理」を堪能できる

会津若松市

会津人の誇りと智恵は、
いまも「食」と「酒」に生きている。

海のない会津で生まれた海産物の伝統料理

江戸中期の会津藩史に、越後から来た赤い前垂れ姿の娘たちが鰊を売り歩く様が記録されている。鮮魚の流通が難しかった当時、北前船で北海道から輸送され、越後から街道づたいに運ばれる身欠き鰊や棒鱈は、山に囲まれた会津若松の貴重な蛋白源。海産の乾物に地元の食材を組み合わせて美味しく仕上げる会津料理は、こうして生まれた。

鰊の山椒漬け
棒たら煮

鰊の山椒漬けと棒たら煮

会津料理の神髄は、組み合わせの妙だけではない。身欠き鰊を山椒の葉と醤油や酢などで漬け込む「鰊の山椒漬け」は、「鰊鉢」と呼ばれる陶器の器で作られる。微細に空気を通して温度を調整し、美味しい発酵に導くからこそ、会津の人びとは陶器の器にこだわったのだ。

こづゆ

貝柱の出汁が上品な「こづゆ」

お祝い事に欠かせない「こづゆ」は、根菜や干し椎茸などを賽の目に切り、豆麩などを加え、干し貝柱で出汁をとったすまし汁で、朱塗りの浅いお椀に取り分けられる。これは熱い汁を食べやすくし、お替りしやすくするため。会津の人びとのやさしさが息づいている。

渋川問屋・酒井麻比呂さん

渋川問屋・酒井麻比呂さん

「鰊の山椒漬け」や「こづゆ」は、現在でも会津の味として母から娘へ受け継がれている。明治初期の海産物問屋の建物で会津料理を提供する「渋川問屋」では、若い女性が伝統の味づくりに関わっている。3晩かけて戻された棒鱈は、1日煮込まれて柔らかくほぐれる。こづゆは、ホタテの旨味をたっぷりと湛える。会津料理は贅沢ではない。が、会津の人びとの豊かな智恵が結晶した料理だ。

渋川問屋

光と影が美しい店内からの様子

渋川問屋

住所:会津若松市七日町3-28  電話:0242-28-4000  営業時間:11:00~21:00  定休日:無休

お店のサイトへ

サムライの矜持と郷土愛を湛えた酒を味わう

末廣酒造

鰊や棒鱈の代わりに、会津から新潟へ運ばれたのは米である。寒暖差の大きい気候と澄んだ空気、豊かな水が育む会津の米は、いまでも食味の良さで知られている。約400年前、備蓄した米による酒造りから、会津の日本酒の歴史は始まったのだった。

酒米
心白(米の中心部)

酒米 心白(米の中心部)

むろん、現在の会津若松では、酒専用米の「心白」(米の中心部)で酒造りしている。どの酒米を何%削るかが旨い酒の決め手になるため、1850年創業の末廣酒造は地元産の酒米にこだわり、何度も生育状況を見に行くという。仕込み水は鉄分が少なく、水量豊かな猪苗代湖の伏流水。これも会津に湧き出す水である。「水が変わると味が変わる。でも、何がどう変えるのか、成分分析では測れませんね」(末廣酒造・庄司健さん)。会津の杜氏と蔵人は、そんな酒米や水をしっかりと見定め、めざす旨味と香りを造りだしていく。

末廣酒造・庄司健さん

末廣酒造・庄司健さん

末廣酒造がめざすのは、呑んで旨いと笑顔になる酒。その信念に妥協はない。二本松城主を祖にもつ末廣酒造は、サムライの矜持と情熱をいまも確かに受け継いでいる。

約170年の暖簾を伝える末廣酒造
銘酒の飲み比べができる試飲コーナー

約170年の暖簾を伝える末廣酒造 銘酒の飲み比べができる試飲コーナー

末廣酒造

住所:会津若松市日新町12-38  電話:0242-27-0002  営業時間:9:00〜17:00  定休日:12月31日、1月1日

酒造のサイトへ

会津若松市 食と酒と観光の情報

https://www.aizukanko.com/
  • 食の情報
  • 酒の情報
  • 観光の情報
会津ソースカツ丼
丼からはみ出る会津ソースカツ丼 白孔雀食堂

住所:会津若松市宮町10−37
電話:0242-27-2754
営業時間:11:00~15:30
定休日:月・金(祝・GW・お盆・会津まつり期間は営業)

お店のサイトへ
会津わっぱめし
輪箱飯(わっぱめし)と会席料理の名店 割烹 田季野

住所:会津若松市栄町5−31
電話:0242-25-0808
営業時間:11:00~21:00
定休日:無休

お店のサイトへ
鶴乃江酒造
金賞受賞の酒蔵を見学できる 鶴乃江酒造

住所:会津若松市七日町2−46
電話:0242-27-0139(見学要予約)
営業時間:9:00~18:00
定休日:1月1日

酒造のサイトへ
鶴ケ城
会津藩ゆかりの名城 鶴ヶ城

住所:会津若松市追手町1-1
電話:0242-27-4005
営業時間:8:30~17:00
定休日:無休
天守閣入場券:410円(天守閣・茶室麟閣共通券510円)

会津若松観光ビューローへ
ねこ駅長
ねこ駅長が働く駅 芦ノ牧温泉駅

住所:会津若松市大戸町上三寄乙49
電話:0242-92-3766
駅窓口時間:8:30~17:00
ねこ駅長勤務時間:9:00~16:00

芦ノ牧温泉駅を守る会へ
お問い合わせ
 会津若松市
会津若松市観光課
TEL:0242-39-1251
Email:kanko@tw.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp
会津若松観光ビューロー
TEL:0242-23-8000
Email:info@tsurugajo.com
会津若松駅観光案内所
TEL:0242-32-0688