南会津町

  1. minamiaizu - town

南会津の酒蔵は伝統を尊重しながら、新しい酒造りに挑戦している

南会津町

清浄な雪解け水と冒険心が
まろやかにした酒が南会津にある。

「旨さ」と「栄誉」の先をめざす

南会津は山が深く水が清い

南会津は山が深く水が清い

「名水のあるところに名酒あり」という言葉がある。水は、日本酒造りの生命線。精米を洗う洗米から発酵の元「酒母」づくり、仕込みや仕上げまで水の質が味に深く関わっている。会津の水の良さを証すのは、100年を超す伝統をもつ全国新酒鑑評会での受賞歴だろう。2017年度の鑑評会で福島県は5年連続金賞受賞数日本一を記録したが、22銘柄のうち13銘柄は会津地域の酒蔵。南会津町では1蔵が受賞している。

南会津は豪雪地帯

冬の厳しさが旨い酒につながる

面積の90%以上が山林の南会津町は、福島県有数の豪雪地帯だ。森林の保水力と浄化力、一夜に1mも降る雪が、清浄で豊かな地下水を生み出す。「南会津の水は、超軟水。ゆっくり発酵が進むからまろやかな酒になるんです」」(国権酒造・細井信浩さん)。

酒母をつくる 仕込みタンク

だが、水の良さだけで旨い酒ができるほど、日本酒造りは甘くはない。国権酒造では6基のタンクに仕込むが、全く同じ味になることはないという。蔵元は温度によってご機嫌が異なる酵母菌や麹菌といった生き物に向き合い、細心の注意で酒造りを行っている。

国権酒造・細井さん

国権酒造・細井信浩さん

国権酒造はいま、次の目標に目を向けている。「安定路線では詰らないじゃないですか。いい酒米を磨きぬいて造った酒が旨いのは当たり前。手頃な価格の酒をもっともっと旨くしたいんです」。10年連続金賞受賞の金字塔を打ち立てた国権酒造のチャレンジ精神は、新しい地平を切り開くに違いない。

挑戦に支えられた国権酒造の看板
酒蔵での試飲は旅の楽しみの一つ

挑戦に支えられた国権酒造の看板 酒蔵での試飲は旅の楽しみの一つ

国権酒造

住所:南会津郡南会津町田島字上町甲4037  電話:0241-62-0036  営業時間:9:00~17:00  定休日:日曜日、年末年始

酒造のサイトへ

最新技術を取り入れて「好きな酒」を造る

会津酒造・渡部景大さん

会津酒造・渡部景大さん

創業330年の会津酒造でも、新たな挑戦が始まっている。若い蔵人たちが一丸となって自分たちの理想とする旨い酒をめざした酒造りを行う。その現場を仕切るのは、専務の渡部景大さん、30歳。7年の経験を通して、酒造りには愛情と同時に客観視できる視点が必要だと考えている。「例えば、酵母や麹に対して、これまでは放任主義か過保護かのどちらかでした。そこを変革したい。良き伝統を守りながら、最新技術での酒造りをめざします」

150年前の仕込み蔵

150年前の仕込み蔵をあえて使う

故郷のための酒・会津

故郷のための酒・会津

会津酒造では現在、會津ブランドで6種類、山の井ブランドで5種類の日本酒を製造している。水はどれも地下30mから汲み上げる超軟水だが、ブランドのめざす方向は異なっている。クラシカルな趣をもつ會津ブランドは、伝統を育んでくれた地元への恩返しとして、福島県内での販売に限定。山の井ブランドは、本来の味わいを保ちながらも柔らかくて飲みやすい「自分の好きな酒」である。

日本の酒蔵ではいま、若い蔵元たちが情報共有しながら、新しい技術や手法を取り入れ、より美味く・より楽しい酒を造ろうとしている。その先頭にたつのが、福島であり会津である。

330年の伝統を若い世代が受け継ぐ会津酒造

330年の伝統を若い世代が受け継ぐ会津酒造

会津酒造

住所:南会津郡南会津町永田字穴沢603  電話:0241-62-0012  営業時間:9:00~17:00  定休日:不定休

酒造のサイトへ

南会津町 食と酒と観光の情報

http://www.kanko-aizu.com/
  • 食の情報
  • 酒の情報
  • 観光の情報
南郷トマト・会津田島アスパラ
南郷トマト・会津田島アスパラ まちの駅 南会津ふるさと物産館

住所:南会津町田島字宮本東41-1
電話:0241-63-3055
営業時間:8:30〜17:00(冬季9:00〜16:30)
定休日:水曜・年末年始(12/31~1/4)

南会津ふるさと物産館のサイトへ
開当男山酒造
南会津のもう一つの金賞酒蔵 開当男山酒造

住所:南会津郡南会津町中荒井字久宝居785
電話:0241-62-0023
営業時間:9:00~17:00
定休日:不定休

酒造のサイトへ
花泉酒造
会津で人気の地酒「ロ万」(ろまん)の蔵元 花泉酒造

住所:南会津郡南会津町界中田646−1
電話:0241-73-2029
営業時間:8:30~12:00・13:00〜16:30(売店)
定休日:土日祝

酒造のサイトへ

※売店では、ロ万シリーズ及び一部の限定商品は販売しておりません。

会津田島祇園祭
日本三大祇園祭の一つ 会津田島祇園祭

開催時期:毎年7月22日〜24日
開催場所:南会津郡南会津町田島
お問い合わせ:0241-62-6200(南会津町役場本庁舎商工観光課)

会津田島祇園祭のサイトへ
前沢曲家集落
中世に会津武士が拓いた重要伝統的建造物の集落 前沢曲家集落

住所:南会津郡南会津町前沢
電話:0241-72-8977
営業時間:8:30~16:30
営業日:月〜日曜日(4月下旬~11月中旬のみ)

観光案内サイトへ
お問い合わせ
 南会津町
南会津町商工観光課
TEL:0241-62-6200
Email:h_shokou@minamiaizu.org
南会津町観光物産協会
TEL:0241-62-3000