trend tours
「今知りたい」をお届けする
お役立ち

ディズニーいくら持ってく?高校生や大学生が満喫するために必要な金額は

ディズニーいくら持ってく?高校生や大学生が満喫するために必要な金額は
ディズニーいくら持ってく?高校生や大学生が満喫するために必要な金額は

旅行支援やイベント割が盛り上がる中で、特に若い世代に人気なスポットが東京ディズニーリゾートです。
パーク内は何をするにも割高な印象があり、いくら用意すれば良いのか不安な人も多いはず。

チケット代はもちろん、パーク内でかかるおおよその費用をご紹介しますのでご覧ください!

ディズニーいくら持ってく?パークチケットを当日買う場合

ディズニーいくら持ってく?高校生や大学生が満喫するために必要な金額は

全国旅行支援イベント割といった事業が始まって盛り上がりを見せる旅行業界。
観光、食事、買い物、温泉、テーマパークなど国内だけでも素敵な場所が溢れていてどこに行こうか悩みますよね。

今回は東京ディズニーリゾートにフォーカスを当てたいと思います。

ゆめ
ゆめ
東京ディズニーリゾートと言えば、大人も子供もみんなが大好きなテーマパークではないでしょうか?

“夢の国”と言われるだけあって、魔法にかかったようなワクワクする空間が魅力的ですよね。

ゆめ
ゆめ
私も大好きなテーマパークのひとつです♪

ご存知の通り、東京ディズニーリゾート東京ディズニーランド東京ディズニーシーの2つのテーマパークと周りのホテルや「イクスピアリ」といった商業施設などで構成されています。

にゃん
にゃん
ランドはカラフルでポップな世界観が、シーは少し落ち着いた大人な雰囲気が特徴的です。
ゆめ
ゆめ
それぞれ違った良さがあるため、どちらに行くか悩む人も多いですよね!

遠方からディズニーへ向かう人は、中々気軽に来られないといった理由もあり、一度の滞在でどちらにも行く人が多いようですね。

ゆめ
ゆめ
せっかく行くなら両方楽しみたいですよね♪

思い切り満喫したい!と誰もが思うところですが、気になるのはお金の問題です。

どこの業態も年々価格が上昇傾向にあります。

にゃん
にゃん
ディズニーだけでなく他のテーマパークでもチケットの価格改定のニュースを度々目にしますよね。

2022年11月11日現在、パークチケットの価格は以下の通りになります。

・1デーパスポート

大人:¥7,900〜¥9,400
中人:¥6,600〜¥7,800
小人:¥4,700〜¥5,600

大人は18才以上 、中人は12~17才、小人は4~11才が対象で、3才以下は無料となっています。

価格に差があるのは変動価格制を導入しているからです。
平日や閑散期は安く、土日やイベントの時は高くなっています。

現在は“イベントワクワク割”をやっているため、対象の証明書を提示すると通常より安くでチケットが購入可能です!

・【イベントワクワク割対象】1デーパスポート

※2022年10月13日(木)〜2023年1月31日(火)期間中 要証明書
大人:¥6,320〜¥7,520
中人:¥5,280〜¥6,240
小人:¥3,760〜¥4,480

また、入園する時間によって価格が安くなる入園時間指定券もあります。

・入園時間指定パスポート(午前10時30分~)

大人:¥7,400〜¥8,900
中人:¥6,200〜¥7,400
小人:¥4,400〜¥5,300

・アーリーイブニングパスポート(休日15時〜)

大人:¥6,500〜¥7,400
中人:¥5,300〜¥6,200
小人:¥3,800〜¥4,400

・ウィークナイトパスポート(平日17時〜)

大人:¥4,500〜¥5,400
中人:¥4,500〜¥5,400
小人:¥4,500〜¥5,400

どのパークチケットも購入するには、東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトで購入する必要があります。

販売枠があれば、当日にオンラインで購入することも可能です!

にゃん
にゃん
閉園時間の1時間前まで販売しているみたいなので急に行きたくなっても枠があれば購入できます。

現地での販売はないようなのでご注意ください!

ゆめ
ゆめ
ディズニーホテルに宿泊の人は、ホテルにて当日入園できるチケットを購入できるみたいです♪

パークチケットは、2カ月先の同日分のチケットを毎日14:00よりオンラインで販売しているので、訪れる日が決まっているのであれば事前に購入しておくことをお勧めします。

ディズニーでかかる費用と相場(食事代・おみやげ代・スナック代・ドリンク代・カチューシャや小物代等)

パークチケット代は日によって違うことが分かりました。
いざ入園!したあとは、大体どのくらいの費用が必要になるでしょうか?

ゆめ
ゆめ
一日パークで過ごすとなると、まずかかってくるのはランチ代ですよね。

レストランで食べるとなると、ピンキリではありますが最低でも一人1,500円はかかると思っておいた方が良さそうです。

価格が安いメニューは軽食のようなものが多いので、お腹いっぱい食べたいようなら2,000円〜3,000円くらいはみておいた方が良いでしょう。

ゆめ
ゆめ
逆に言えば節約できるポイントでもありますね♪

あまり飲食代に予算を取りたくない人は、レストランではなくカフェなどの軽食で済ませることで1,000円〜2,000円程度で収まります。

ちなみにドリンクはペットボトルであれば持ち込みができます

にゃん
にゃん
パーク内で購入することもできますが、割高になるので費用を抑えたい人は持参することをオススメします!

また、通常の食事だけではなくテーマパークで食べたくなるのがポップコーンやチュロスなどのスナック類

スナック類は1,000円もかからないものがほとんどです。
ポップコーンはディズニーの可愛い世界観が描かれたケースに入れてもらえますが、その分2,000円ほどとお高めになります。

にゃん
にゃん
他、必ずかかってくるものといえばお土産代でしょうか。

自身が欲しいものや配る人数にもよりますが、例えばクッキーやチョコなどのお菓子類であれば一つあたり1,000円くらいで手に入ります。

雑貨などはアイテムによりますが、ぬいぐるみなど2,000円以上はするものが多いです。

ですが現地でしか買えないものがほとんどですので、ここは多めに費用をかけても良いかもしれません。

あと、ディズニーに滞在中はカチューシャを付けたくなる人が多いのではないでしょうか?

ここは付ける派付けない派で大きく分かれる所かと思います。

カチューシャはデザインにもよりますが2,000円ほどで売られているものが多いです。

ゆめ
ゆめ
付けたい人はこちらの金額も予算に組み込んで下さいね♪

パーク内でかかる費用を単純に計算すると、

飲食代:3,000円+お土産代:7,000円=合計:10,000円

くらいあれば必要最低限は楽しめるのではないかと思います。

しかしこの金額はかなり少なく見積もった金額です。

ディズニーリゾートは、過ごし方や行く人数・関係によって必要な金額が大きく変わってきます。

にゃん
にゃん
何を優先させたいか、明確にして事前に用意しておきましょう。
ゆめ
ゆめ
グッズの値段はディズニーの公式サイトに掲載されているので、欲しいものを事前にピックアップしておいて予算を組むと良いかもしれないですね!

ディズニーで高校生や大学生が満喫するために必要な金額の目安は?

ディズニーリゾートは、学生に向けて期間限定で“キャンパスデーパスポート”を販売しています。

期間は2023年1月4日(水)~3月17日(金)の間です。

・キャンパスデーパスポート

大学生・大学院生・短大生・専門学校生 (18才以上):¥7,400〜¥8,900
高校生・中学生(12才~17才):¥6,200〜¥7,400

にゃん
にゃん
ちなみに1月31日(火)までなら、このチケットも”イベントワクワク割”の対象になります!

・【イベントワクワク割対象】キャンパスデーパスポート

大学生・大学院生・短大生・専門学校生 (18才以上):¥5,920〜¥7,120
高校生・中学生(12才~17才):¥4,960〜¥5,920

ゆめ
ゆめ
パークへ行く日を閑散期にしたり、割引をうまく利用することで、浮いたお金をパーク内で満喫するための費用にまわせますね♪

学生の方は20,000円もあれば、ディズニーを一日楽しめるのではないかと思います。

ディディズニーで少しでも節約するためにできることはある?

どうしてもパーク内で購入するものは全体的に割高になってきます。

特に代表的なものがドリンクです。

ドリンクはワゴンで売られているものもありますが、パーク内には自販機も設置されています。

そのどちらもが高めのお値段です。

特に自販機で買えるペットボトル飲料は、見慣れたドリンクがほとんどですが価格は一律200円とのこと。

にゃん
にゃん
スーパーなどであれば100円ほどで買えてしまう飲み物もあったりするので、事前に購入して持参し節約した方が良いでしょう。

他に、カチューシャも節約のポイントになってくるでしょう!

にゃん
にゃん
夢の国へ入ると途端に付けたくなってしまうカチューシャですが、家へ帰ってみると行き場に困ってしまった…なんて人も多いのではないでしょうか?

不用になったカチューシャをフリマアプリで出品している人も多いので、限定のデザインなどにこだわらないのであれば安いものを探して購入して持参するのもひとつの手です。

にゃん
にゃん
逆に、自身が購入したカチューシャが不用になったら出品してお金にかえるというのも良いですね。
ゆめ
ゆめ
それこそ限定のデザインや人気なものであれば、探している人も多いので、購入時の金額と変わらない金額で売れて節約になるかもしれませんね♪

ディズニーいくら持ってく?高校生や大学生が満喫するために必要な金額はのまとめ

ディズニーリゾートを満喫するために必要な金額は、過ごし方によって大きく変わります

必要最低限楽しむためには、一人当たり20,000円は用意した方が良いでしょう。

節約できるポイントは節約して、その分を使いたいところにまわすことで、充実した時間を過ごすことができます!

ゆめ
ゆめ
せっかく訪れるディズニーリゾートですので、満喫するためにあらかじめ計画を立てて準備をし、当日を楽しみましょう♪