trend tours
「今知りたい」をお届けする
アプリ

尿素水(アドブルー)危険性や作り方は?/価格や用途は/不足したらどうなる?

尿素水は、純水と尿素からできた有機化合物です。

今、尿素水の不足が問題になっています。

尿素水が危険性はあるのか?

尿素水の価格や用途は?

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、尿素水についてお伝えしていきます。

すみれ
すみれ
にょうそすい?これって何?

尿素水(アドブルー)危険性や作り方は?

尿素水には危険性はあるのでしょうか?

尿素水とは何か、尿素水の作り方についてもご紹介します。

尿素水(アドブルー)とは?

一般的に尿素SCRシステムと呼ばれ、ディーゼル車のエンジンに使用されています。また、燃費が悪化しない、耐久性が高い、浄化効率が良いなどメリットがあります。

尿素水(アドブルー)の危険性

アドブルーの割合は、尿素32.5%:純水67.5%。
ほとんどが純水なので、安全と言えます。

しかし、アドブルーは160度以上の高温にさらされると、液体からアンモニアガスが発生します。

アンモニアは、人に刺激臭と害を与えることで知られていますよね。
衝撃により火傷を負う危険性もあるわけです。

尿素水(アドブルー)の作り方

尿素水を作るには、純水が必要になります。しかし、純水を手に入れるのは私たち一般人には難しいです。なぜなら、普段使っている水は不純物だからです。純粋が売っているところは稀です。最近は、尿素水を使用した化粧品が販売されています。

尿素水(アドブルー)価格や用途は?

尿素水の価格やどんな使い方をされているのでしょうか?見ていきましょう!

尿素水(アドブルー)の価格

20リットルが3499円で売られており、20リットル=3千円前後というのが日本の相場のようです。

尿素水(アドブルー)の用途

ガソリンスタンドや、自動車、バスなどに利用されています。

尿素水(アドブルー)は不足するとどうなるか?

経済産業省によると、日本の尿素水の原料となる尿素の国内生産量が減少しているとのことです。

尿素水が不足すると、自動車のエンジンに支障をきたします。

尿素水がないディーゼル車は、エンジンが止まり使えなくなってしまいます。

運転車中にタンクの中の尿素水がなくなったときは、急にエンジンが止まることはありません。

一時的な走行はできますが、コンピューター制御で管理されているので、センサー等に異常が発生します。

また一度エンジンを切ると、エンジンの再起動ができなくなります。

そのため、早急に尿素水の補充が必要になりますね。

交換時期としては、エンジンオイルを交換するとき一緒にするのが良いですよ。

緊急で必要な場合は、ガソリンスタンドでも取り扱っていますから大丈夫ですよ。

にゃん
にゃん
尿素水はエンジンになくてはならないものだね

尿素水(アドブルー)危険性や作り方は?のまとめ

エクセル表示変わった?のまとめ

尿素水の危険性や不足するとどうなるかをお伝えしてきました。

尿素水は、純水と尿素の有機化合物の一種です。

ディーゼル車に乗っている方は、くれぐれもエンジンの停止には気をつけましょう。

にゃん
にゃん
あらかじめ尿素水をガソリンスタンドで補給しておくことをおすすめします。